まずは舌癌を知る。

舌癌(ぜつがん)は口腔癌(こうくうがん)と言われる「口の中に出来るガン」のことで、口腔癌の約4割を占めると言われています。

舌癌の原因は現在わかっているところでは、アルコールや煙草による化学的な刺激、噛み合わせの悪い歯や義歯が舌に接触することによって起こる物理的な刺激などが代表的です。

また、近年では舌にピアスをする「舌ピアス」による刺激により舌癌になる若年者も少なからずいるようです。

インドでは舌癌の患者さんが多いことで有名です。

それはインド特有の噛み煙草が原因と言われております

噛み煙草と言うのは文字通り「ガムのように噛む煙草」なのですが、煙草のタールなどの物質はもちろん、噛む動作が舌癌を誘発しているようです。

このことからも舌癌の原因は煙草やアルコールなどの化学的刺激、義歯やピアスによる物理的刺激によるものと考えられています。

また、舌癌の治療法についても様々なものがありますが代表的なのは手術療法・放射線療法・化学療法の三つです。

詳細は各ページに譲りますが、舌癌の発見時期と転移の具合によってこれらの治療法を単一でもしくは複合して治療を行うのが一般的です。

舌癌が発覚した際にもっとも心配となるのは癌細胞のリンパ節の転移です。

リンパ節に転移した場合は、そのまま肺などの内臓器官に転移してしまうこともありますのでとにかく注意を必要とします。

舌癌の生存率についても、癌の転移の程度に影響されてくるので、何度でも医師に相談するべきです。

当サイトでは、舌癌の症状や治療法についてウェイトをおきながらも、舌癌の手術後のリハビリに必要なものや、フコイダンに代表される食事療法など最新の治療法についても随時更新していきます。

当サイトが舌癌を患っている患者様、舌癌かもしれないと心配されている方のお力になれば幸甚この上ないです。

【スポンサード リンク】