舌癌の原因

 舌癌の原因については現在でもはっきりとはわかってないようですが、いくつか考えられる原因があります。

(1)煙草やアルコールによる化学的刺激によるもの

 煙草にはもちろんのこと、アルコールにも刺激物質は含まれています。

 タールやニコチンがそれですが、これらを常用することにより知らず知らずのうちに、舌は化学的な刺激にさらされているのです。

 このことにより舌の細胞が癌化してしまい、舌癌となってしまうと考えられています。

 また、煙草はそれ自体が癌になる可能性を秘めているので禁煙するべきでしょう。

(2)義歯や噛み合せの悪い歯、舌ピアスによる物理的刺激によるもの

義歯や噛み合せの悪い歯も原因と考えられています。

これらが常に舌に接触している状態だと、舌が刺激を受けて細胞が癌化してしまうのです。

実はインドは舌癌が多いことで有名です。

 原因は噛み煙草にあると言われ、噛み煙草の噛む動作と煙草の持つ刺激が舌癌を誘発していると考えられているのです。

 舌癌を予防するためにも、症状を進行させないためにも口腔内は常に清潔にしておきましょう。


【スポンサード リンク】