舌癌と免疫療法

 舌癌の治療法には手術療法・放射線療法・化学療法があり、これがガン治療の三つの柱と言われています。

 しかし、何も治療法がこの3つしかないというわけではありません。

 

 舌癌はもちろんのこと、ガン治療全般において様々な治療法が研究され確立されつつあります。

 免疫療法と呼ばれる治療法もその一つで、舌癌にも有効な治療法です。

 免疫療法と言うのは、ガン細胞を攻撃するという方向性を取る治療法ではなく、人間の体に本来備わっている免疫力を最大限に引き出してガンに対抗するという治療法です。

 通常ガン細胞というのは健康な細胞の4倍の速度で細胞分裂をして増殖していきます。

 これに対して免疫力で対抗していくのですが、衰弱した体などでは免疫力は弱くなっているのでなかなか対抗出来ていないというのが実情でしょう。

 

 具体的な免疫療法の仕組みとしては、様々な方法により白血球を活性化させてガン細胞を認識させてガンのデータベースを作ります(耐性)。

 本来備わっている免疫力が最大限に引き出されて自然治癒能力によって舌癌を抑制するのです。

 

 現在、免疫療法における評価はまだまだ低いというのが実情のようです。

 その効果に対してもまだまだ疑問があり、広く浸透はしていません。

 しかし、手術療法や放射線療法との併用で治療の効果を高めることが出来るでしょう。

 また、一般的に末期患者が手術の効果が現れなくなり免疫療法を開始することが多いと言う経緯から免疫療法の効果が統計に表れることはなく正当な評価を得ているとは言いがたいという意見もあるようです。


【スポンサード リンク】